散気管の活用で工場廃水の浄化を目指す

散気管の活用により工業廃水を浄化する企業が増えています。安定した工場経営を実現するためには、日々排出される廃水が浄化されていることが大切となるものです。河川敷に工業廃水を排出する際には、事前に浄化することが必要となるのです。廃水のなかに過度の酸素と脂が含まれていると、生態系や近隣住環境への悪影響を与えることに繋がるものです。

大量の工業廃水を放出する企業では、知らぬ間に環境基準に抵触してしまったり、付近の住人からのクレームを受けたりすることを引き起こしてしまうのです。散気管を介することで、廃水のなかに含まれる酸素濃度を減少させることが可能となります。適度な酸素濃度になることで、水分中の微生物の活動が活発となり、悪臭の原因となる硫化水素の増殖を防いでいくのです。脂分の調整も同様に、散気管を介することで包有量の調節が可能になります。

微生物が捕食できないサイズのまま、廃水のなかの脂分を放出してしまうと、川底に汚泥が沈殿していきます。透明度の低い、淀んだ川へと変わってしまうのです。散気管を用いることは、長きに亘って安定した工場経営を実現するためには、欠かせない部分があるのです。工場によっては、旧型の浄化装置であるディフューザーを用いるところもあります。

旧式の浄化装置であるディフューザーは、浄化機能が低いだけではなく、使用にあたって多量の電力消費も伴います。工業廃水の浄化に散気管を用いることは、浄化効率の改善と同時に省エネ効果も得られるのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*