散気管(エアレーター)について

散気管というのは散気管装置のことで、英語ではエアレーターと呼ばれるものです。代表的なところでは水族館などの浄化槽が必要な場所で役立っている装置です。他には製造業における工場でも不可欠であり、製品の種類も多様化しています。散気管は水を浄化する際に空気を放出する管のことです。

この管には空気を送り込むエアポンプが繋がる構造になっています。食品製造・加工、機械製造などの過程では必ず汚水が発生します。この汚水をそのまま排水することは出来ないので、一旦は浄化槽に貯めて、浄化の処理をした後に排水することになります。現代においてはこれらの処理については法律で厳しい規制がありますが、1960年代の高度経済成長期には汚水は垂れ流されていました。

その結果、工場廃液による公害が深刻な社会問題となり、環境汚染・健康被害が起こっています。この問題の解決に役立ったもののひとつがエアレーターです。浄化槽には汚水を浄化する微生物が生息しています。この微生物を生かし続けるためには、空気を送り込むことが必要です。

空気はエアレーターを通して送り込まれ、水族館などでも魚や生き物たちに酸素を供給しています。散気管はただの管なの?と思われがちですが、そうではありません。微生物などの小さな生き物を守るためには、圧縮空気が管を通して浄化槽または水槽に放出されるのが特徴です。浄化槽が大きいほど散気管装置も大きくなります。

水中の酸素溶解率が高いほど微生物の生存率は向上するので、浄化の効率アップにも繋がります。散気管のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*