散気管で魚の命を守ります

散気管はさまざまな現場で利用されていて、利便性がある高性能が開発されています。これは水を浄化するため空気を放出する管で、管には空気を送るエアポンプが繋がっています。エアレーターやエアディフューザーと呼ばれており、製造業や水族館といった浄化槽が必要な場所で利用するのが多いです。排水を貯蔵する浄化槽には、汚水を浄化する微生物があり微生物が生存するため、必要な空気を通して送り込まれる仕組みになります。

水族館では水槽を泳ぐ魚や水生生物などに酸素を供給するため、エアレーターとして使用することが可能です。浄化槽や水槽に空気を放出する設備で、管の中を空気が通るという単純な構造ではなく、水生生物など小さな生き物の命を守ったり、活動させるため構造は複雑なものになります。装置のポンプから圧縮された空気がパイプを通し、浄化槽や水槽に放出されるシック身です。家庭で観賞として使われる金魚の水槽の場合、泡が立ち上る装置が付けられていますが、金魚がエラ呼吸するため必要な酸素を水に溶かす装置です。

浄化槽の規模が大きくなると散気管装置も大きくなり、製造工場には浄化槽の近くにかなり大きな装置が設置されています。散気管装置から空気を放出する場合、管の放出口が網目状になっていて空気の泡を細かくしている構造になります。浄化槽の微生物や魚類が呼吸するため、必要な酸素を効率的に水に溶け込ませるのに必要な形状です。酸素溶解率が高まると槽の生存率が向上していき、浄化能率がアップするようになります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*