散気管の活用で工業廃水を浄化

散気管を使うことで、工業廃水を浄化することが可能となります。日々排出される廃水に問題があることは、環境基準に抵触するだけではなく、近隣の住環境に悪影響を及ぼすものでもあります。散気管を介して排水を行えば、周辺の自然環境に悪い影響を与えることも無くなります。川に廃水を放流する際に、過度の酸素が含まれていると、水中の微生物の動きが鈍化していきます。

微生物の動きが鈍くなることは、水中の硫化水素の増加を引き起こします。硫化水素が過度に増えてしまうことで、川から悪臭が漂うようになり、近隣住人からのクレームを受けるようにもなるのです。工場によっては、ディフューザーを用いた廃水処理を行うところもあるでしょう。旧式のディフューザーでは、浄化率は勿論のこと、稼働させるにあたっての電力消費も多大なものとなります。

散気管であれば、少ない電力消費で効率良く廃水の浄化処理を行えるのです。日々の業務で排出される廃水のなかには、多量の油分が含まれている場合もあります。大きめなサイズのままで油分を排出してしまうと、水中の微生物が捕食できなくなってしまい、川底に汚泥が沈殿していきます。汚泥が沈殿していくことは、川の水を汚してしまうだけではなく、生態系への被害を生じさせることにも繋がります。

散気管を使うことで、業務上で起こり得る、様々な環境問題を未然に防いでいくことを可能にするのです。少ない運営コストで、工場運営を円滑に進められるのが、散気管を利用するメリットなのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*