散気管の活用で工業廃水の浄化を実現

散気管を活用することで、工場から排出される廃水を浄化することが可能となります。日々の業務で排出される廃水に問題があることは、環境基準に抵触するのは勿論のこと、周辺環境にも悪い影響を与えるものです。散気管を排出プロセスに組み込むことにより、廃水を浄化させられるのです。近隣住人からクレームを受けることのない、安定した工場運営が可能になります。

工場からの廃水には、過度の酸素が含まれる場合もあるものです。水中の酸素濃度が高まってしまうと、微生物の活動が鈍くなってしまいます。水中で微生物が活発に動けないことは、水分中の硫化水素の濃度を高めることに繋がります。水素が増えてしまうことが原因で、周囲に悪臭を漂わせてしまうのです。

散気管を介して廃水を流すことで、河川敷に放流する際の酸素濃度が適正化されます。微生物の動きを鈍化させることもなく、過剰に水素を発生させることも無くなるのです。工場によっては、旧式のディフューザーを用いた浄化を行うところもあるものです。従来型の排水設備であるディフューザーは、浄化の効率が悪いだけではなく、利用に際しての電力消費も高いものです。

散気管であれば、少ない電気量で、効率的な廃水処理を行えるのです。工場からの排水の際は、酸素濃度と同時に、包有する油分の量を気にする必要もあります。廃水内の油分のサイズが大きいままだと、微生物が捕食できなくなり、汚泥として油が川底に沈殿していくからです。川底に油が蓄積されることは、魚介類に悪い影響を及ぼします。

散気管を使うことは、生態系への悪影響を防ぐ意味合いもあるのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*