散気管を使って行われる事

日本の水道の水質は、世界でも稀に見る高品質なものです。日本を除く諸外国では、水道の水をそのまま飲めるというところはほとんどありません。これは日本の地形にも関係しますが、水道技術が極めて高いということにも関係しています。水道水を作る過程においては、川や湖沼などの自然から得られる水の浄化を行います。

この技術が日本では大変進んでいるために、いつでも安心して水道の水が飲める状況になっているわけです。諸外国でミネラルウォーターなどが用いられるのは、水道水が飲用には適していないためです。その様な意味で、日本は大変恵まれた国といえます。水道の水質浄化を行うためには、いくつかの段階が踏まれます。

砂などを取り除くということが行われ、次に空中に浮いている浮遊物を取り除くというような処理を行います。多くの場合には、物理的な操作によってこれらは取り除かれます。このような処理を経て水に溶けない浮遊物がなくなった後に、水溶性の有機物を取り除くということが行われます。その際に用いられるのが好気性細菌です。

好気性細菌は、酸素濃度が高い状況において有機物を二酸化炭素と水にまで分解してくれます。この酸素濃度が高くなるような条件を実現するために散気管などの器具を用いる必要があります。散気管はパイプ状の器具で、その側面に小さな穴やスリットが空いています。パイプに空気などを通すことによって、側面から泡として放出させ水中の酸素濃度を上げます。

そのことによって、好気性細菌が活発に活動し有機物質を分解し水質の浄化を行うわけです。このように、散気管は水質浄化に大変重要な役割を持っています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*