工場の排ガスとスクラバーについて

鋳造工場では粉塵が混じったガスやレジンが含まれるアンモニアなどの臭気物質が発生することがあります。粉塵が混じったガスがスタッフや周辺住民の肺や気管に入ると、呼吸器に重大な影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。またアンモニアなどの強い臭気物質をそのまま放出すると、周辺住民の健康を損なったりトラブルに発展する可能性があります。漢方薬を製造している工場でも原材料から強い臭気が発生することがあり、そのまま外部に放出すると周辺住民に迷惑をかけてしまいます。

化学工場でも製造している製品によって様々な臭気物質や有害物質が発生するため、そのまま放出しないよう注意しなければなりません。人体に有害なホルムアルデヒドや強い臭気が生じる有機溶剤などを扱っている場合には、スタッフや周辺住民の健康に十分配慮する必要があります。ゴム製品の加工を行っている工場でも工程の途中で粉塵や有機溶剤による混合ガスが発生します。排ガスにシロキサンやシリコンが含まれている場合には強い臭気も発生するので注意しなければなりません。

様々な工場で発生する有害なガスを放出可能な状態にするための装置がスクラバーです。スクラバーは洗浄塔とも呼ばれており、大きく湿式と乾式の2種類に分類されます。さらに湿式スクラバーには充填剤と水にガスを通す充填塔式と、充填剤を使わずガスと洗浄液を気液接触せる無充填塔式があります。スクラバーには様々な種類のものがあるので、使用する環境やガスに含まれる成分などを総合的に考慮して最適なものを選ぶとよいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*