湿式洗浄塔と乾式洗浄塔の2つのスクラバーの違い

スクラバーは排気処理装置と呼ばれるもの、人体に影響を与えるような有害な物質、生活圏に悪影響を与える臭気物などを除去し、クリーンな排ガスに変化させるための環境改善装置の一つです。工場にある煙突から白い煙が放出されている光景を目にしたことがある人は多いかと思われますが、大気にガスを放出させる場合には一定の基準を超えたものをそのまま放出することはできません。これはかなり前から規制が設けられていて環境に影響を与えないレベルまで物質を除去する義務付けが行われている、この義務付けを守ることができる装置がスクラバーといっても良いでしょう。排ガス洗浄装置と呼ばれることもあるスクラバーには、いろいろな種類があり製造メーカーごとにそのネーミングも様々です。

ただ、大きく分けると湿式洗浄塔と乾式洗浄塔の2つの方式があり、仕組みそのものが異なります。湿式洗浄塔は水や薬液を噴射、そこに排ガスを通して汚染物質を除去するタイプです。一方、乾式洗浄塔は高い吸着性を持つ活性炭もしくはフィルターなどを利用して、排ガスをろ過させ処理するタイプです。湿式洗浄塔では水や薬液を使いますので、それの処理について考える必要がありますし、湿式洗浄塔の場合も、活性炭やフィルターにこびりついた物質の除去について考える必要があるなど、排ガスに含まれる有害な物質や臭気物質を除去できても、その後の処理もしっかり行うことがスクラバーを利用する上で重要なポイントになって来ます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*