スクラバーのメリットと特徴

スクラバーとは排気ガスや有害ガスなどを吸着することによって、大気に放出することが出来る装置です。中には水洗浄や薬液中和などで中和することが出来るものもあります。水膜により100%気液接触を実現したデオライザーはスクラバーの代表的製品といえるでしょう。工場では製品の生産のために排ガスを発生してしまうことがあります。

その排ガスをそのまま外部に放出すると近隣住民の迷惑になり、環境汚染の原因ともなってしまいます。また、排ガス対策を怠ることにより、従業員の職場環境が悪化してしまうケースも起こりえます。そういったことを防ぐためにスクラバーを使用することが有効です。工場の内容に合わせてどのスクラバーを選択するかが変わります。

例えば鋳造工場では粉塵が混じった排ガスやレジンが含まれているアンモニアなどの物質が発生することがあり、これが強い臭気を放つこともあります。そこで臭気を除去するスクラバーを選択することが大切です。同時に粉塵も捕捉することが出来ます。化学工場では人体に有害なホルムアルデヒド、有機溶剤などを扱うことがあります。

これらの物質は人体に有害であるため、そのまま外に出すことはできません。そこで成分を分解し、無毒化させることが大切です。ゴム製品加工工場では、シロキサンやシリコンを含む排ガスにより、臭気が発生することもあります。水膜で100%の気液接触を実現し、それらの臭気を取り除くことが重要といえるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*