熱交換器に不可欠なスクラバーの概要

熱交換機という装置を、一度は新聞やニュースで見かけたことがあるでしょう。今世界は各地で異常気象が起きており、日本でも例外ではありません。夏は集中豪雨と巨大台風が相次いで発生し、冬は大雪に見舞われる時代です。すべては我々人間が生活するうえで排出している二酸化炭素の影響で、これを減少させないと10年後には平均気温が50度になるとさえいわれています。

もっとも多くの二酸化炭素を排出しているのが、火力発電です。日本では2024年までにすべての火力発電所を閉鎖して、代わりの地熱発電を実施することを明言しています。この発電では必ず熱交換器という設備を使用しますが、その中に組み込まれてるのがスクラバーです。これは地下から湧き出る地熱を吸収して地上へと送る役割を担っており、熱交換設備の命と言っても言い過ぎではないでしょう。

スクラバーの概要について見ていくと、全体がステンレス素材を利用して製造されています。スクラバーは直径10センチメートルほどの細い管ですが、約10メートル程度の長さがあって地下に埋め込むには必ずボーリング工事を実施しないといけません。主に地熱を吸引することと、余分な熱を地表へと排出する2つの機能を有しています。ステンレス製なので一度埋め込んだら約50年は劣化をしないと言われており、定期的なメンテナンスが不要というのがメリットのひとつです。

熱交換器には必ず必要で、日本では国内製のものだけが使用されています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*