スクラバーによる排ガス処理の重要性

スクラバーとは、工場などで発生した排ガスに含まれるチリや汚染物質などを除去するための装置で、洗浄塔とも呼ばれます。化学工場や薬品工場、ゴム加工工場などでは、排ガス内に汚染物質や有害物質、臭気物質などが含まれている場合も少なくありません。これらの物質が含まれた排ガスを処理せずに放置すると、工場内で働く従業員に健康被害が生じるリスクが高まります。また、臭気物質などを処理せずに排出してしまうと、近隣住民の生活に影響が及ぶ可能性が高く、多くの苦情が寄せられることになりかねません。

加えて、排ガスに有害物質が含まれていた場合は、近隣住民の健康被害につながる可能性も十分にあり得ます。さらに、適切な処理を行わずに排ガスを外部に放出してしまうと環境汚染につながる恐れもあります。このように、工場などで発生する排ガスを処理せずに排出すると、様々な問題が発生する恐れがありますが、スクラバーを設置すれば排ガス内に含まれる汚染物質などを除去することが可能です。ただし、一口にスクラバーと言っても、その種類は大きく湿式と乾式という2つのタイプに分けられます。

湿式は、塔の内部にアルカリ性もしくは酸性の洗浄液を噴射して、そこに排ガスを通過させることで汚染物質を中和する方式です。一方の乾式は、活性炭やフィルターなどに排ガスを通過させることで、有害物質を吸着させる方式となります。これら2種類のスクラバーは、対象となる汚染物質の種類によって使い分ける必要があるため、まずはどのような物質が排ガスに含まれているのかを知った上で適切な方のタイプを導入することが大切です。スクラバーのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*