スクラバーの重要な役割とは

スクラバーとは有害ガス、排ガスなどを吸着・水洗浄・薬液中和を用いて処理し大気中に放出出来るようにするための装置です。スクラバーは別名排ガス処理装置や洗浄塔システムとも呼ばれており、水膜によって100%接触を実現したデオライザーをはじめとした様々な種類があることも特徴の一つです。スクラバーが重要だといわれている理由の一つに、工場で発生する排ガスの処理が不十分だと従業員の職場環境の悪化から、生産性の低下や健康被害が起こる可能性が高いですし、近隣住民への迷惑や環境問題にも繋がる危険性が高いためです。そこでそれぞれの工場で発生する排ガスの種類を正しく見極めた上で、有効な排ガス対策としてスクラバーの導入は非常に重要な対策方法だと考えられています。

ではスクラバーはどんな工場の排ガスを処理することが可能かというと、主に鋳造工場で発生する粉塵が混じった排ガスや、レジンが含まれたアンモニアといった強い臭気物質の発生に対応しており、装置を介することによって粉塵や臭気物質を除去することが出来ます。製薬工場では主に漢方薬を取り扱う会社が、原料に含まれる強い臭気が工場から発生しやすい傾向にあるため、近隣住民への迷惑や健康被害に繋がる恐れがあります。装置を利用することで強い臭気物質を除去する効果があるので製薬工場の排ガス対策に有効です。他にも化学工場からの人体に有害なホルムアルデヒド、強い臭気を発する有機溶剤や、ゴム製品加工工場から発生する粉塵や雪溶剤が混ざった排ガスが発生する場合にもこの装置は有効です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*