工場で排出されるガスをきれいにするスクラバーとは

事業所や工場で製造や処理工程が行われると、それに伴って排気ガスが放出されることがあります。屋外に排出されるガスは、大気汚染防止法などの法律や地方自治体の条例によって厳しく規定されています。一定量の排出施設では、定期的な放出ガスの分析と報告が義務付けられることもあります。スクラバーはこのようなガスを放出する施設において、有毒ガスや排ガスなどを水洗浄や薬液中和や吸着などの処理を施してきれいにしてから放出させるための装置であり、さまざまな工場で導入されています。

漢方薬を取り扱う製薬工場では、漢方薬の持つ独特の臭気が外部に出ないようにしなくてはなりません。また、鋳造工場ではレジンが含有されたアンモニアや粉塵が混じったてるガスが出ることがあるので、異臭と粉塵の双方を取り除かなければなりません。化学工場では、ホルムアルデヒドや有機溶剤などの人体に影響を及ぼしかねないものが排ガスに交じって外部に出ることを、避ける必要があります。こうした排ガスの処理に適しているのがスクラバーであり、さまざまな方式がありますが、カートリッジ式のフィルター形式のものや水膜形成によってガスを処理するものなどが主な方式です。

カートリッジ式のスクラバーは、目的とする物質に最適なサイズと特性を持ったフィルターを多段に設置して、汚れとにおいとを取り除きます。水膜方式では、筒内に通ったガスに特殊な溶液を溶け込ませた霧を噴射させることで、汚物やにおいを吸着や中和させるものです。カートリッジでも水膜でも同様に、運用後に使い続けることはできず、定期的にフィルターの交換や洗浄液の更新が必要になります。また、撤去したフィルターや溶液には取り除いた物質が凝析されていますので、適正な処分方法が求められます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*