スクラバーの仕組みとその重要性について

現在様々な商品の製造を行う工場は、鋳造工場や製薬工場などたくさんの種類があります。それらの工場からは、製造過程で必ずと言っていいほど排ガスが発生しています。その排ガスをきちんと処理をして害のない空気として排出しないと、環境問題だけでなく人体にも悪影響を及ぼす可能性があります。有毒なガスを害の少ない気体にする方法は、主に物理吸収と化学吸収になります。

物理吸収は有毒物質を水に溶け込ませる方法、化学吸収は中和反応や分解作用のある薬剤を使って無毒化を行います。また、排ガスを綺麗にするシステムとしてスクラバーという装置があります。スクラバーは、工場などから出た有毒なガスを綺麗にして空気中に排出するためのシステムになります。スクラバーは、排ガス処理装置や洗浄塔システムなど様々な種類があり用途によって使い分けられています。

スクラバーのシステムは、主に湿式と乾式などがあります。湿式は、工場で発生した排ガスを排気用の送風機械でまとめ、排ガス洗浄装置で洗浄する方法です。湿式方法は、非常に高い濃度の酸性ガスや臭気ガス、粉塵などでも洗浄や中和を行うことができます。乾式は、湿式では難しい悪臭や有機溶剤などを綺麗にする装置です。

乾式の方法は様々な種類の活性炭を使い、アセトンなどの悪臭を伴う有害物質を除去していきます。スクラバーを利用し排ガスを綺麗にして排出することで、環境対策や排ガスに伴う人体への影響を最小限に抑える効果が期待されています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*