水の膜を使ったスクラバーの特徴とメリット

水の膜を使ったスクラバーは、臭気物質や粉塵を水の膜と接触させることで取り除く方式であることが特徴で、排ガスに含まれる臭気や粉塵を高い精度で取り除くことが可能な装置です。一般的な水の膜を採用したスクラバーは、処理水に汚染物質がたまるため、腐敗や汚泥が派生することがあり、工場や実験室内に悪臭やハエなどが発生し環境を悪化させることがあります。最近では、水の腐敗や汚泥の発生をおさえる機能を搭載したスクラバーが登場しており、クリーンな環境で作業を継続させることができるようになっています。カートリッジ式スクリーンになっているタイプを選べば、カートリッジの交換で日常的なメンテナンスを行うことができ、一人で交換することができるためメンテナンスコストを削減することができるというメリットがあります。

臭気物質や粉塵などを効率よく取り除くことができる水の膜を使ったスクラバーは、水と排気ガスを効率よく接触させることができるため、臭気のレベルが高い鋳造ラインや漢方薬の排ガスなどにも高い効果を期待することができます。環境に対する負荷を軽減するだけでなく、近隣住民への周期の拡散を防ぐことができ、公害防止を図ることができます。作業環境の改善も図ることができるため、水の膜を使ったスクラバーを導入することにより作業効率のアップや従業員の確保、従業員の健康管理などにも役立つメリットがあります。低コストタイプで、維持管理がしやすいタイプを選び、長期間でのコストパフォーマンスをアップさせることがおすすめです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*