スクラバーの効果とは

スクラバーとは排ガスや有害ガスなどを、水洗浄・吸着・薬液中和で処理し大気に放出できるようにする装置のことを指す言葉です。工場で発生するガスを何の対策もなしに大気に放出してしまうと、その有毒性から環境や近隣住民に大きな悪影響を与えてしまう恐れがあります。また工場内のガス対策が不十分だと、職場環境の悪化から従業員の健康被害や生産性の低下を招いてしまいます。工場から発生するガスと聞けば高度経済成長期の公害が想像しやすいですが、一度に致命的なダメージを被るわけではなくても、積もり積もれば実生活が脅かされることもあるでしょう。

スクラバーはそういった被害を減らすために使用されるのです。しかし有毒ガスと一括りにいってもそれには様々な種類があるので、それぞれの製造ラインから発生する排ガスの性質を知らなければ有効な対策は出来ません。例えば製薬工場や化学工場で発生するガスは、その有毒性とともに強い臭気も課題であり、近隣の健康被害を引き起こす可能性が高いと言えるでしょう。またゴム製品加工工場や鋳造工場では有機溶剤や粉塵がガスに含まれている可能性があり、人体の肺などに入ってしまうと呼吸器官に影響を与える可能性があります。

スクラバーは、ガスに含まれるそうした強い臭気物質や粉塵などの微細な物質を処理する性能があります。このように様々な性能がありますが、万能ではないため自らの製造ラインの発生ガスの特徴はしっかりと調べてから利用する必要があるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*