スクラバーでクリーンな工場環境を実現

スクラバーは、排ガスや有害ガスを化学処理して大気に放出しても大丈夫なようにするための装置です。主に工場などで使われています。工場の製造ラインでは、様々な排ガス・有毒ガスが発生することは避けられません。例えば、鋳造工場では粉じんが混じった排ガスが大量に発生してしまいますが、これは人体の肺などに入ってしまうと、呼吸器で健康被害が出てしまう可能性があります。

他にも化学工場においては、ホルムアルデヒドなどの有害物質を含むガスが出てくることがあります。人体に直接悪影響は与えなくても、強い臭いが出るガスなども工場ではよく発生し、これもそのまま工場外に放出してしまうと、近隣住民に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。近隣住民の迷惑だけではありません。工場内で働く従業員の健康を守るためにもスクラバーは必要です。

もし従業員に健康被害が続出してしまったら、企業のブランドイメージはガタ落ちになりますし、多額の賠償問題にもなりかねません。それぞれの企業は、利益を追求するばかりでなく、社会的な責任を果たすためにもスクラバーの設置は必須と言えるでしょう。排ガス・有害ガスといっても実に様々な種類があるので、有効なスクラバーを設置するためには、工場でどのような有害物質が排出されているのかをあらかじめ把握しておかなければいけません。この調査はしっかりと厳密に行うべきです。

あとから有害ガスが漏れていたことが判明したなんてことになったら洒落になりません。近隣住民に健康被害が出てからでは手遅れです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*