スクラバーって何?温式と乾式の2種類があります

スクラバーは大気汚染防止装置の一つを示します。工場の製造過程で排出される排ガスや有毒ガスなどが出ますが、そのまま大気に放出するわけにいきません。大気汚染や近隣住民への被害だけでなく、工場内で働く人たちの健康にも悪影響が出ます。環境や人への悪影響を防ぐため、スクラバーで吸着・水洗浄・薬液中和などで処理してから排出します。

スクラバーは洗浄等システム、排ガス処理装置とも呼ばれています。スクラバーには2種類あります。温式は水や薬液を噴射し、そこに排ガスを通して汚染物質を除去する仕組みです。充填塔式と無充填塔式がありますが、充填塔式は塔の内部に何層かの充鎮材を敷き詰め、上からシャワーをかける仕組みです。

排気ファンで排ガスを塔の内部に通し、充鎮材を通過させます。無充填塔式は充鎮材を用いず、排気ガスと気液接触させます。排ガスをブロワーで取り込み、水と接触させ、キレイになったガスを外に放出します。乾式がありますが、活性炭などの吸着剤のフィルターに通し、吸着剤に汚染物質を吸着させて排ガスを処理します。

フィルターは汚染物質が溜まると排ガス処理の性能が落ちます。そのため定期的に吸着フィルターを替える必要があります。水に溶けにくいガスや臭気ガスに有効なので、特に威力を発揮するでしょう。スクラバーは工場になくてはならない設備です。

製造過程で出てくる排ガスや有毒ガスを無くすことはできません。極力、無害にしてから放出することで環境と人を守ることができ、さらには工場の評判が良くなり生産性も上がるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*