排ガス処理を行うことができるスクラバーの仕組み

スクラバーは有害な物質が含まれる排気ガスを洗浄するための装置のことで、有害物質を発生させるような工場などに設置されているものです。また、工場の他にも化学物質を取り扱う研究所などでも使われ、環境を保全するという点において重要な役割も果たしています。スクラバーの役割は処理するべき物質や量によって変わってくるものですが、種類としては湿式と乾式の二つがありそれぞれメリットがあるものです。湿式の場合には有害な物質を水に溶け込ませたり、専用の薬剤を使って科学的に吸収するといった方法があります。

主に酸性やアルカリ性のガスのほか臭気ガスやミスト粉塵などを除去することができるものです。一方で乾式の場合には湿式で取り除くことができない物が使われ、有機溶剤や活性炭などを使って除去することができます。このタイプのスクラバーの場合にはフィルターを通すことによって有害物質を除去するものですから、定期的なメンテナンスが必要で吸着材の交換もしなければなりません。しかし、高度な有害物質を除去するという点においてはこの方法が最も適しています。

スクラバーを導入する場合にはその目的に応じて導入することが大事で、また処理すべき物質との関係や排気される浄化された空気を放出する際に周辺に与える影響も注意しなければなりません。処理できる能力もスクラバーの規模によって変わってきますから、それらを含めて導入を行うことが必要になります。スクラバーのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*