スクラバーは排出ガスから有毒物質などを取り除く

スクラバーとは洗浄集塵装置のことをいい、工場などから排出されるガスからチリや有毒ガスを取り除く装置です。洗浄塔とも呼ばれるように、スクラバーは縦に長い筒状の装置になります。塔の内部にアルカリ性または酸性の洗浄液噴出させて、排気中の汚染物質を中和し除去する「湿式」という仕組みと、活性炭などの吸着剤や高性能なフィルターなどを用いて汚臭のもととなる有害物質を吸着させる「乾式」という仕組みがあります。いずれの仕組みでもメンテナンスを欠かすことはできないのです。

排出ガスの種類によっても方式は変わってくるので、万全な対応が必要とされます。化学工場で燃焼を伴う加工をする際に、排気ガスとして二酸化炭素や有毒ガスを排出することがあります。大気汚染のもととなる排出ガスは洗浄集塵することによって安産な状態で大気中にだす必要があるのです。スクラバーは重要な役割をもっています。

工場によって排出ガスはそれぞれ異なっているので、それにあわせたスクラバーの洗浄集塵方式をとる必要があるのです。スクラバーの用途については、その幅の広さに驚くこともあるかもしれません。大きな工場では設置することが環境対策にとってとても重要なこととなります。多くの企業がしっかりとした排出ガスの環境対策をとることによって、有害な排出ガスが大気中に放出されることもないのです。

適切なメンテナンスや維持管理を行うことで環境問題への企業の取り組み方が変わってくることになります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*