新入社員教育としてビジネスマナーは必須です

企業が新卒等で社員を採用した際には、職場で本格的に仕事を始める前に、一定期間新人研修を施す事が多いものです。

新人教育としては、その会社の歴史や経営理念や企業方針等を学ばせ、企業に対する帰属意識を高める事と、ビジネスマンにとって必須のビジネスマナーを教育する事が多いようです。大企業では、こうした教育を自社の研修所等で学ばせる事もありますが、中小企業では経営理念や企業方針は自社で指導し、ビジネスマナーは社会人向けの外部セミナーを受講させる事で行っている所も少なくありません。

いずれのケースでも、ビジネスマナーとしては、挨拶・名刺交換・電話応対等が中心で、さらに営業職場合には酒席の席順やタクシー乗車時の席順等のマナーが教育されるケースが多くなっています。この様に、新人研修としてビジネスマナーを重視している企業が多いのはなぜでしょうか。一つは、学生時代にこうした事を学ぶ機会がない事もありますが、それ以上に社員が外部の人と接触する際には、その企業を代表して対応している事となるためです。挨拶や名刺交換や電話対応での第一印象は、相手の方にその企業のイメージを強く印象付ける事となるためです。従って企業イメージを損なわない様にするためには、営業職のみならず、一般の事務職やメーカーの製造マンにも、ビジネスマナーを習得させる必要があると言えるのです。例えば企業を訪れた際に、社員の挨拶がしっかりとしている所は、何事においてもしっかりと社員教育されている事が伺われ、訪問者に好印象を与える事となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *