ビジネスマナーの教育のポイント

ビジネスマナーの教育にあたり、実際の行為を教える前にそれがなんなのかを説明する必要があります。

ビジネスマナーを直訳すると仕事を円滑に行うための礼儀作法です。一緒に仕事をする同僚や取引先の担当者を思いやり、敬意を表するために社会人が進んで行います。これは規則ではありません。例えば交通ルールに違反すると罰則が加えられますが、ビジネスマナーを行わなくても罰則はない。初めて社会人になる方は、罰則がなければ無理にする必要は無いと考えるかも知れません。しかしながらこれを蔑ろにすると、ビジネスにおいて不都合が発生する可能性があります。

基本的なビジネスマナーに身だしなみがあります。例えば、取引先の担当者と多く会う機会がある営業にとって、これらが出来ていないと取引に悪い影響を及ぼします。同じサービスを提案する場合、ある営業は整えられた髪型でシャツにはアイロンがかけられている。きちんとプレスされたスーツに、客先によく出向くからか年季が入っているがよく磨かれた靴を履いているとします。もう一方の営業は、髪も髭もぼさぼさで皺の多いシャツにスニーカーを履いている。この2人の提案が、サービスの品質や料金にあまり差がなければどちらが採用されるでしょう。高い確率で身嗜みの整えられた営業の提案が通るのではないでしょうか。このようにビジネスマナーを疎かにした場合、ビジネスにおいて不都合を被る可能性があります。挨拶の仕方や名刺の渡し方等実際の教育に移る前に、このことを教育したいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *