ビジネスマナーを教育する必要性

礼儀作法を重んじる日本では、ビジネスシーンにおいてもマナーを大切にしています。

バイト言葉を使ったり、自分が上座に座ってしまうなど、取引先や顧客の前でビジネスマナーがきちんと教育されていない新人がいる場合、会社全体のマイナスイメージにつながりかねません。ビジネスマナーとは、簡単に言うと仕事をスムーズに進めるための礼儀や配慮のことです。清潔感のある整った身だしなみは、相手に好印象を与えます。コミュニケーションの大部分を占める言葉使いも、マナーが必要不可欠です。

正しい敬語を使えるか、相手の話を的確に聞けるかも含めて基本中の基本となります。名刺交換や文書(メールも含む)でも、自分のスキルが表れます。簡潔且つ分かりやすく進めたいものです。電話や来客対応もビジネスマナーの1つです。明るく元気な挨拶ができるだけでいいとは限りません。依頼や謝罪など、シーンによって必要な話し方ができることが重要です。このようなマナー教育を指導係が行うとしても、その人たちもまた社員の一員に変わりなく、人数によっては時間を取られて業務がひっ迫することも現状です。社内で研修を行うことが難しい場合は、マナー講師の出張サービスを利用するのもおすすめです。専門家による教育は徹底していて安心です。社員の中からマナー係として講習を受けてもらうケースもあります。その会社の業務や社風にアレンジしながら教育できるメリットも生まれます。また、最近ではDVDもあるのでこれらを利用するのも効率のよい手段です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *