ビジネスマナーの教育はプロへ任せましょう

学生から社会人になると、まず必ずと言ってもいいほど必要なスキルがあり、それはビジネスマナーと言われています。

社会人として相応しいビジネスマナーを身につけるため、新入社員は必ず教えてもらう必要があります。一般的には、身だしなみや言葉遣い、電話対応や挨拶の仕方、名刺交換の仕方やお茶の出し方など、どの業界でも共通する必要なスキルがあります。この最低限の当たり前のようにできることも、新入社員にはきんちんと教育しなければ、後に相手に失礼な行動を取ってしまうことがあるので、最初の教育がとても肝心なのです。

しかし今はどこの業種も人材不足が問題視されており、日々忙しい業務をこなす中で、新入社員へそのような教育をしている余裕がないという声もよく聞きます。そんな企業へお勧めしたいのが、ビジネスマナーの研修を外部へ委託することです。どこの会社でも共通するような、最低限のマナーの研修であれば、その道のプロへお任せするのも一つの方法です。講師を招いて受講させる方法や、オンラインで学べる方法もあるので、特にオンラインは今のコロナウイルスが流行っている時期にとってはぴったりのサービスです。このサービスを利用することによって、人材開発などを行う部署の方の負担は減りますし、社員はプロの方からビジネスマナーの教育を受けられるので、立派な社会人の第一歩を踏み出せることになります。若者の将来のことを考えると、早いうちにしっかりとした研修を受けることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *