マナー研修としての一般常識の内容

ビジネスマナーは社会人として働く上で信頼を得るために重要なマナーです。

ビジネスの世界では取引先などの信頼を得ることが、何よりも重要になります。信頼がなければ何も始まらないと言っても過言ではありません。多くの企業が、入社時の社員研修でビジネスマナーを導入しています。ビジネスの上で欠かせない、挨拶の仕方や身だしなみや言葉遣いなど、意識しないと変えることが難しいことが多いです。

テクニックとして覚えるだけでは上っ面だけになり、誠意が感じられないと逆効果になります。動作や言葉だけを覚えるだけでは通じない、その裏にある本質を理解することが重要です。その基本となるのが一般常識と呼ばれるものになります。一般常識は、「これだけは最低でも身につけてもらいたいマナーや礼儀」です。社会人として必要な礼儀として挨拶があります。挨拶の仕方もその場に合わせた声の大きさや言葉など、様々です。時間を守ることも一般常識とされます。

ビジネスの世界で時間を守れない人は信用されません。万が一遅れる場合の電話などでの相手への伝え方なども言葉を選ぶ必要があります。報告・連絡・相談という「ほうれんそう」も一般常識です。仕事を進めるうえで一人ですべて行うわけではありません。会社内の上司や同僚、取引先など他の人たちと協力して行うことがほとんどです。仕事を進めるうえで一番大切なのが、一緒に仕事をしている人たちとのコミュニケーションになります。ビジネスの上で最低限身につけてもらいたいマナーは、今では一般常識となっているものがほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *