一般常識のマナーについて

マナーとは、自分や周りにいる人たちのためにおこなう立ち振る舞いのことを指します。

様々な場所における作法だったり、その国やその文化で生活するための行儀のことです。例えば、レストランで食事をするときは、テーブルマナーがあります。和食だったら、お椀やご飯茶碗は持って食べるようにするとか、お箸を正しくもつなどが一般常識として、みんながわかっているものとしています。

洋食でも同様で、ナプキンの使い方やナイフ、フォークの使い方なども作法があります。和食と洋食の違いは、和食は器をもって食べることや、器に口をつけることもありますが、洋食ではマナー違反になります。電車や映画館など大勢の人が集まるところでの立ち振る舞いも、家の自分の部屋のように過ごすことはできないのが、一般常識だと認識されています。ただ、自分が当然だと思っていることが誰しも一般常識だと考えがちですが、それは違うこともありますので気をつけなければなりません。

先に話した通り、同じ食事の作法であっても食べる料理や誰と食事をするのか、どんな場所かによって立ち振る舞いは変わるのは当然のことです。こうあるべきだと、強く思い込んでしまうと相手を攻撃してしまうものです。一般常識だろと、面白おかしく話をするのは、相手を傷つけるだけではなく周りの空気も悪くします。その行為こそがマナー違反なのです。マナーは、自分と周りの人たちが気持ちよく過ごすためにあるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *