社会人なら身につけたい一般常識とマナー

生活をしていく上で、身につけておきたいのは一般常識とマナーです。

子どもや学生時代なら非常識な行為をしてもまだ許されますが、社会に出るとそうはいきません。ビジネスから日常生活まで、あらゆる場面で良識を求められます。あまりにも非常識な行為を繰り返すと人間性を否定されるまでになり、人間関係にも影響し社会的な評価も下がってしまうでしょう。その場で糾弾されなくても評価が下がると後々さまざまな場面で不利な扱いを受けるので、年齢に応じた一般常識やマナーは身につけなければいけません。

一般常識やマナーは学業とは違い、学校で教えてくれることはほとんどありません。家庭のしつけや親の行動を見て身につけたり、非常識なと行動をしたときに注意され身につけていくもので、誰かから教えられる機会はそうそうないでしょう。そのため非常識な大人も増える結果になっていますが、誰も教えてくれないからといって知らなかったでは済まされないので、あらゆる場面で通用する一般常識やマナーは自分から学ばなければいけません。

一般常識やマナーを身につけるために昔から使われてきたのは、書籍です。書店には学生向けの簡単なものから社会人が身につけておきたい基礎的なもの、さらに限られた場面で活躍する知識などをまとめた書籍が販売されていて、適したものを読めばある程度は身につきます。また講師が指導するスクールも開講されているので、通学して身につけるのもアリでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *