一般常識とマナーを身につければ仕事がうまくいく

社会人になって仕事をするようになると、あらゆる場面で一般常識やマナーを要求されます。

学生のころは学費を支払って自ら学ぶ環境に身を置いていましたが、社会人になると仕事をしてお金をもらう立場になります。例えば営業においては、契約を取れるかどうかを左右する問題です。30歳になっても若者言葉が抜けず、クライアントの前でも幼い言葉遣いをしていれば、低評価を受けることになるでしょう。

ある程度の年齢に達していれば、一般常識とマナーは知っていて当然だと認識されます。たとえ未成年であっても、社会人として働いている以上は一人前の人間だと周りから認識されるのです。挨拶をしっかりするのは当然のこと、身だしなみ・服装にも気をつける必要があります。相手に伝わる話し方、交渉を成功に導くための電話応対なども重要です。メール送信をする際においても、宛名や本文の書き方を覚えておく必要があります。

一般常識とマナーを覚えるためには、これらを身につけている人の真似をするのがよいです。それは上司や尊敬する先輩であるかもしれません。一人前の社会人だと認めてもらうことで、はじめて対等に接してもらうことができます。一般常識やマナーがまったくできていないと、人として低く見られてしまうのです。そうなればビジネスはもちろん、人間関係もうまくいかなくなります。目上の人に対して敬語を使わず、ため口を聞くようでは問題があるでしょう。たとえ仲のよい関係であっても、仕事の場では一般常識とマナーをわきまえる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *