マナーは一般常識なのか

マナーとは、自分や周りの人たちが気持ちよく過ごすための立ち振る舞いのことを言います。

人と人がうまく付き合うための潤滑油といってもいいでしょう。自分が思う立ち振る舞いが、一般常識で誰もが知っていて、同じように行動すると思い込んでいる人がいたら、それは注意が必要です。テーブルマナーで考えていきましょう。格式の高いレストランに行ったときや、結婚式に招待されたときこれはどうしたらいいのか迷う時あります。

料理によって作法が違うのでここでおさえておきましょう。洋食の場合、お皿をもって食べることはご法度です。フォークやナイフがたくさんテーブルにセットされている場合は、外側から使うようにする。パンは一口大にちぎってから口に運ぶます。一方和食の場合に気をつけることは、箸を正しく使えているのか、ご飯茶碗や椀は持って食べてよいなど、日本人なら一般常識ですが、外国人にはそうではないことを理解しておく必要があります。ところが変われば、一般常識もマナーも変わります。

外国と日本のマナーの違いについて紹介します。疲れた時や眠たい時についでてしまう、あくびですが会社や電車の中でおおきなあくびをするひとをみかけます。外国では外であくびをするのは失礼な行為になります。食事で音を立てる行為は、外国では嫌がられます。日本では蕎麦やうどんをすするときに、ズルズル音をたてるものですが、同じ麺類であるパスタをズルズルすすると言う行為はやめておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *