一般常識とマナーは同じ意味なのか

近年はゆとり世代などという言葉がある通り日本自体の教育体制が大きく変わった影響で、昔から日本に根付いている仕切りのような考え方は変化しつつあります。

基本的にマナーというのは世界共通の物であり、例えば、相手を先に通すであったり、食事中におならをしたりゲップをしたりするのはマナー違反となります。何となく暗黙の了解でやってはいけないことであるという認識です。一方で一般常識というのは、簡単にいえば最低限知っていて欲しいこと、生きていく上で知らないと困ることが一般常識であると言えるでしょう。

どちらも似ていますが、マナーはどちらかというと人として、相手に対して不快な思いをさせないような配慮という考え方で、一般常識というのは、自分が生きていく上で知らないと恥ずかしいレベルの常識というとわかりやすいでしょう。ですから、どちらの方が大切なのかというのは特別ありませんが、マナーを守ならない人は人から批難される対象となり、一般常識を知らない人は人から馬鹿にされる対象となると思います。

どちらも出来ている人というのは案外少ないものですし、出来ていると思ったら実は勘違いしていたなんて事もあります。人として生きていく以上は、マナーを守りながら、一般常識をしっかりと身に付けて、どこに行っても恥ずかしくない人間になれるように努力が必要です。もしもそのようにお考えの方がいるならば、インターネットや書籍でも多くの内容を勉強することが出来るので、活用すると良いでしょう。
一般常識やマナーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *