社会人として必要な一般常識とマナーを学ぼう

社会人として活躍するためには、豊富な知識や教養は身につけておきたいところです。

いくら優秀な人でもマナーが悪い、一般常識が乏しいとなると、悪い印象を与えてしまうことになります。一般常識を得るためには、日頃から情報をしっかりと収集しておくことも大事ですし、書籍なども用意しておけば、わからないこともすぐに調べることができるので便利です。社会人としては、やはり言葉遣いのマナーは守りたいところです。

普段はあまり使わない尊敬語や丁寧語、謙譲語の使い方はマスターしておきましょう。尊敬語と謙譲語は間違いやすいものも多く、かえって失礼な言葉になってしまう場合もあります。さらに、丁寧語を使いすぎることも不自然な言葉になりますのでこちらも注意が必要です。会社では電話対応をすることも多くなっていますので、言葉遣いには気をつけましょう。対応の悪さは本人だけではなく、会社全体のイメージダウンにつながることもあります。

一般常識やマナーを知ることは、就職や転職の面でも有利になりますので、面接対策としても勉強しておきたいところです。社会人のマナーとしては、あいさつがきちんとできることも大事ですので、自分から率先してあいさつすること、相手があいさつしてくれたら、必ず返すようにしましょう。身だしなみを整えておくことも大切ですので、忙しい朝も髪を整え、清潔感のある服装を心掛けましょう。女性はマナーとしてもメイクはしておきたいところですが、派手になり過ぎるのは逆効果です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *