一般常識なマナー、神社の参拝

テーブルマナーや手土産、挨拶など一般常識に基づいたマナーは様々ありますが、実は神社への参拝もまた一般常識に基づくマナーに含まれています。

そんな神社への参拝の方法は鳥居をくぐるところから始まっており、まず鳥居の前で一礼するのが礼儀です。神社は言わば神様が住んでいる家で、そこにお邪魔するわけですから「聖域にお邪魔させていただく」という意味をこめて頭を下げます。次に鳥居をくぐってから手水舎までの道のりですが、参道はなるべく端を歩くのが望ましいです。

参道の中心は「正道」と呼ばれている神様の通り道で、そこを歩くという事は神様の邪魔をしていると考えられています。端を歩くのは手水舎までの道のりまでの道のりに限らず、境内を歩くうえでは一般常識です。いずれにしても手水舎に到着したら、身を清めるために柄杓に水をとって手を口を清める必要があります。まず右手で柄杓を持ち、水をとったら左手を洗い、今度は柄杓を左手で持って右手を洗うものです。その後再び柄杓は右手に戻したら、左手で水を受け止め、その水で口を清めます。

あとは柄杓を縦にして、中に残された水で柄の部分を洗ったら手水舎での清めは終了です。次にいよいよ参拝ですが、神社での参拝は「ニ礼ニ拍手一礼」となっています。本殿に立って軽く頭を下げてから、鈴を鳴らし、お賽銭を入れて深く2回お辞儀するのですが、このお辞儀が「二礼」です。「二拍」は文字通り拍手を二度打つ事で、「一礼」はこの「二拍」の直後に行うお辞儀となっています。これで神社への参拝は完了しますが、神社によっては少々マナーが異なっている場合もあるので要注意です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *